3Dハンディスキャナ脚長計測パッケージ
CSM-HS10WL

LC-GEAR

レーザ光をあてるだけで
溶接ビードの断面を
非接触で計測

新技術情報システムNETIS 登録製品
NETIS登録番号 KK-200009-A

カタログで詳しく見る

紹介動画

特徴

1手軽に計測

日本初※1、ハンディタイプで扱いやすい、
レジのバーコードリーダの様な3Dハンディスキャナ。

  • パソコンやタブレットに、USB接続するだけ。本体に入っているアプリケーションを、インストールすればすぐに操作可能です。
  • ハンディタイプだから扱いやすく、今まで計りにくかった狭いスペースでも計測できます。
  • 溶接ビード(溶接痕の盛上り)にかざして、トリガスイッチを操作して計測できます。
  • 計測時の距離や角度に慣れるまで便利な、着脱式ガイド棒付き。
2簡単に計測

計測したい位置にかざして
トリガスイッチを操作する非接触光切断法で
直尺や溶接ゲージで測る必要なし。

  • 溶接ビードを計測する場合、ノギスや専用ゲージで測る必要があります。LC-GEARがあれば、不慣れな方でも、1回の照射でピンポイント計測が可能です。
  • 溶接ビードの『脚長』『アンダーカット』『継手角度』『余盛』等を、光切断法で簡単に3D計測できます。
3正確に計測

脚長計測結果をPC画面に瞬時に表示・保存。
QRコードやバーコードも読み取り可能で
間違いのもととなる手書き記録の必要なし。

  • 手書き記録の場合、記述間違い・記録漏れが起こる可能性があります。LC-GEARを使えば、計測と同時に数値が表示され、間違いのない正確な記録ができます。
  • 画面表示された計測結果はファイル保存でき、データはExcel®で活用できます。
  • 改ざん防止にも効果があります。
  • トレーサビリティの確保もできます。QRコード等を読み込むことで、計測対象製品とのヒモつけが容易に構築できます。

構成

従来の何箇所も計測する専用ゲージ計測法は非効率です。LC-GEARは、計測したい溶接部にかざすだけで、断面が計測できます。

計測結果画面

カメラ画像

カメラで捉えた部分の状態を表示

レーザ断面図

計測結果を数値と図で分かりやすく表示

計測履歴

計測結果の数値を表示、Excel®で活用

計測風景

外形・名称

※1.国内市場において光切断法光学計測器におけるハンディタイプ形状/2019年6月時点当社調べ
※製品改良のため、仕様及び外観の一部を予告なく変更することがございます。
※Excel®はマイクロソフトの登録商標です。